「無届け老人ホーム」といえば、生活保護受給者などを“食い物”にした施設が思い浮かぶことだろう。老人福祉法29条では、高齢者を入居させ、食事の提供や入浴、排泄、食事などの介助、洗濯、掃除、健康管理などのサービスを提供する施設は有料老人ホームとして、自治体への届け出を義務付けている。これに該当しながら届け出ないホームの多くは、地域や入居者からの苦情や通報によって発覚し、自治体による調査・指導の対象となる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。