有料老人ホームが飽和状態にある埼玉県。特に、浦和、大宮の二大タウンがあるさいたま市は100件近くが乱立し、値下げ競争が始まっている。そこにサ高住が続々と加わり、“入居率格差”が広がっている。国と県主導の介護政策から生まれたそうした現状を、市町村単位で変革する次世代の高齢者の住まいとして注目されるのが、埼玉県2位の「リーシェガーデン和光/南館」と3位の「リーシェガーデン和光」だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。