顎関節症の原因は「かみ合わせ」とされてきたが、その原因の多くはTCH(Tooth Contacting Habit、上下歯列接触癖)。多くの人は静かにしているときは上下の歯が接触していると思っているが、実はそうではない。会話、そしゃく、嚥下などを集計しても接触時間は1日20分以内。ところが、TCHのある人の中には1日4時間以上も接触させていることが──。このTCHを治すことで顎関節症が改善するという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。