「中古マンションは安くていいが、購入後に欠陥が見つかったら怖い……」。中古マンションを購入する際に必ずといっていいほど頭をよぎるのが、こういった不安だ。新築物件であれば、雨漏りや土台の腐食など重大な欠陥については、物件の引き渡しから10年間の保証(瑕疵担保責任)が義務付けられている。仮に売り主が倒産しても、10年以内であれば保険で賄われるなど、その保証は手厚い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。