「原発に課題がある中、決断を高く評価したい」(石井隆一・富山県知事) 富山県射水市に北陸電力が2018年の運転を目指している富山新港火力発電所新1号機。同社初のLNG火力発電所として、建設概要が原発事故後に発表されたこともあり、冒頭のように、県知事も歓迎を示すほど注目されている新型火力だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。