『日本農業への正しい絶望法』(神門善久著)は、刺激的な本です。もともと日本には、移ろいやすい自然環境と調和しながら健康的な作物をつくる、優れた耕作技能があった。技能集約型農業はアジアだけでなく、環太平洋の先進国に対しても優位に立つ。「その技能がどんどん死滅している」と危機感をあらわにします。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。