2月20日のお昼時、東京・竹橋の丸紅本社に、凍てつく眼光を放つ屈強の男が足を踏み入れた。「まるで恐竜のような顔つきだ……」。出迎えた丸紅関係者は思わず身をすくませたという。男の名は、イーゴリ・セーチン。現在は、ロシアの国営石油会社「ロスネフチ」の社長を務めるが、もともとはKGB(旧ソ連国家保安委員会)に所属していたとされるプーチン大統領の側近中の側近だ。昨年までプーチン政権で副首相も務めていた。セーチン社長はその後も、都内のホテルなどに、伊藤忠商事や国際石油開発帝石の幹部を呼び、次々と面談を行った。ロスネフチは昨年、石油・天然ガスの生産量で石油メジャーの米エクソン・モービルを抜き、世界1位となった成長企業。そんなロシア政府の中枢を担う企業の社長がなぜ、日本を訪れたのか。LNG(液化天然ガス)の日本への輸出──。日本は世界最大のLNG輸入国で、その巨大市場に狙いを定めているのだ。具体的には、現在はもっぱら石油を生産している油田「サハリン1」で産出する天然ガスを、サハリン近郊の港町デカストリから輸出することが構想の一つだった。約1カ月後の3月13日。東京・霞が関の経済産業省では、茂木敏充大臣に向かう、ロシアのノバクエネルギー担当相の姿があった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。