ずっと守りに入っていたが、ここから攻めに転じていこうと思っている。新中期経営計画は、特に他のメガバンクとの差別化をそうとう意識した。持ち株会社が銀行、信託、証券を横断的に束ね、1人のお客さまに対してさまざまなサービスを提供するという体制をはっきりつくるというのが最大の眼目だ。この持ち株会社による横串と、銀行、信託、証券という縦串は、信託や証券の社長が常任メンバーとして入る持ち株会社の経営会議で調整していく。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。