みずほフィナンシャルグループ(FG)が佐藤康博社長の下、非効率の象徴とされた2バンク体制から決別し、新みずほ銀行として船出する。これに伴い、新中期経営計画ではFG主導のグループ一体経営を明確に打ち出した。「顧客基盤が厚い」といわれながら、これまで他の2メガバンクの後塵を拝しがちだったみずほは、はたして復権することができるのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。