ゆるキャラの頂点に立つくまモン。関連商品の売上高は293億円に達し、熊本ブランドの向上に大きく貢献しました。その、くまモンプロジェクトの全貌を伝えるのが『くまモンの秘密』です。大阪でのマーケティング戦略の推移を、プロジェクト誕生に深く関わった放送作家・小山薫堂氏に報告する形での第一部。地元での人気獲得運動を遂行した熊本部隊が語る第二部。農協職員から東京大学教授、熊本県知事という異色の経歴を持ち、プロジェクトを強く牽引した蒲島郁夫知事によるリーダー論の第三部。自治体史上では例を見ない、公務員の常識を打ち破ったスタッフの発想と情熱が余すところなく伝わってきます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。