45歳未満の新規就農者に年間150万円を支給する青年就農給付金制度が2012年度からスタートした。最長7年で最大1050万円を支給するこの制度に対しては、「本当に農業を続けるかどうかもわからない人に補助金をつぎ込んで生きたお金になるのか。それより経営規模を拡大している農業経営者に支給すべきではないか」という批判もある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。