民主主義の大前提である「法の下の平等」を損なう「1票の格差」問題はそうとうに深刻だ。国会での決定に国民の意思が適切に反映されていないことで、不適切な政策が取られ、資源配分が大きく歪められている可能性がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。