今年3月から、将棋の現役プロ棋士がコンピュータを相手に本気で勝負する「将棋電王戦」が始まった。飛躍的な進化を遂げるコンピュータに対し、日本最高峰の頭脳集団が勝てるのか。主催するドワンゴとのコラボ企画として、羽生善治三冠と川上量生・ドワンゴ会長に将棋とITの進化、そして経営について語ってもらった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。