注目の日本銀行首脳人事が先般決着した。黒田東彦氏の総裁就任もさることながら、岩田規久男氏の副総裁就任が注目される。岩田氏は、金融緩和政策の代表的な論客であるのと同時に過去の日銀を徹底的に批判してきた人でもある。できたら総裁にと思わぬでもなかったが、岩田氏が日銀の内部に入ることは画期的だと筆者は思う。ご活躍に大いに期待したい。まず、有効な金融緩和策を実行する上での議論の主導を期待する。日銀の金融政策は、金融政策決定会合の多数決で決まるのであり、総裁・副総裁の一存で決まるわけではない。正副総裁3人以外の委員は、「小出しの美学」、白川方明前総裁の政策におおむね賛成してきた人たちだ。一方で長いものには巻かれるだろうとは予想するものの、これまでの政策を不連続に変えることには抵抗感があろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。