しばらくの間、円安が日本経済に与える影響は、輸入物価の上昇というマイナス面のほうが強く出る。だがいずれ輸出が伸び始め、中長期的にはプラス面が上回る。ただし、円安による影響は、業種によって大きな差がある。メリットは“輸出3業種”に集中し、飲食料品や石油製品といった輸入企業にとっては、やはりデメリットだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。