すしといえば、日本を代表する料理である。今ではヘルシーな食事として、海外でも「すしバー」などが作られ、人気が高い。すしは、昔から、祝い事の際に食べられたりする。最近では、リーズナブルな価格の店も増え、気軽にすしが食べられるようになった。しかし、家族で外食するときや、職場の同僚と食事をするときに、すし屋に行こうというのは、やはり、よい出来事があった場合が多いだろう。このように伝統的な日本食であるすしは、日本人の食生活と深く関わりがある。その上、わが国の経済や株価と関係が強いものなのである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。