3月15日、日経平均株価が1万2500円を突破。2008年9月8日以来、4年半ぶりの高値を記録した。早くもバブル懸念を唱える向きもあるが、現時点の株価に割高感は感じられない。1カ月前の当欄で記した為替とPER(株価収益率)の関係を数表化してみた。1ドル=95円、1ユーロ=125円の前提で、主要210社の13年度税引き後利益は47.8%増と予想される。予想PER14倍に相当する日経平均を逆算すると、1万3300円となる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。