食料カンパニーでは以前から、「いつか食料のブランドビジネスを手がけたい」という思いが強かった。これまでも、海外ブランドの食品を輸入、販売するといったことはやってきているが、今回の案件では国内だけでなく全世界の事業を一手にコントロールすることになる。100%出資の買収となり、そういう意味で非常に緊張感を持っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。