資生堂の経営体制が揺らいでいる。末川久幸社長が就任からわずか2年で退任し、前田新造会長(65歳)が4月1日から社長を兼務する異例の人事を発表した。末川氏の退任理由は「健康上の問題」だというが、病名は発表しておらず、会見でも普通に受け答えしており額面通りには受け取れない。自ら退任を申し出たという経緯についても、社長室に金色のナタを飾り、「改革の大ナタを振るう」と声を張り上げていたことから考えると違和感がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。