伊藤忠とは、もともとバナナなどのドール商品の日本における輸入販売を請け負ってくれていた関係で、すでに50年近い付き合いがある。ビジネスへの熱意が強く、今回の買収交渉においても彼らの粘り強さに動かされた。伊藤忠ならバッティングする事業もなく、買収後の統合もスムーズに進むと考えた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。