日本の地価が反転し、再び土地バブルが到来する可能性はあるのか。もしそうなら、転換点は何か──。アベノミクス効果で、不動産価格の上昇期待が高まっているのは間違いない。とはいえ、不動産情報サービスの東京カンテイの中山登志朗上席主任研究員が「まだ冷静に様子見している投資家が大半」と指摘するように、かつての土地バブルがすぐさま再燃すると考えるのは早計だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。