アベレージゴルファーにとって、右に大きく曲がる「スライス」を直すのも、飛距離アップの一つの手段です。そこで今回は、誰でもすぐにできるドリルを紹介しましょう。方法は至って簡単。「右手一本」でクラブを振るだけです。番手は、クラブヘッドの重さを感じやすいドライバーがお薦めです。アマチュアの悪い癖は、手や腕に無駄な力を入れて、クラブを力任せに振ってしまうこと。右手一本で振るとそれができずに、脱力した状態で、クラブの重さを感じながら振ることができます。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。