ツーブロックという刈り上げヘアの復活。そして最新モードは過飾なポストモダン調が流行半歩手前。さらに経済はアベノミクス。時代の風向計は1980年代を指しているように思える。そんな“にわかバブル”の風潮を先取りするかのように登場したのが『Tonyさんの優雅な生活』。著者は、上場企業の創業者にして関西一おしゃれだといわれた父を持ち、商社マンからNGO事務局長までさまざまな経歴を持つ神戸の高等遊民。身銭を切って着倒し会得したおしゃれ哲学には、服飾雑誌にありがちなうんちくや教条主義がいっさいない。代わりに語られるのは、足し算のデザインによって生まれるファッションの楽しさと深さ。そして抱腹絶倒のおしゃれな小話と、業界をネタにした毒舌の数々。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。