私は、クボタという会社を「誰とでも議論をする会社」にしたいと考えてきたが、まだそうなっていない。過去の成功体験があるので、なかなか変わることができない。だが、この10年の業績を振り返ると、「安定成長なのか、それとも衰退なのか」がはっきりしない。この会社は、時代に合わせて自らの姿を変えて大きくなってきた。現在の社員は、先輩たちが蒔いてくれた種をどう咲かせようかと必死に考えているつもりでも、実際は先輩たちの財産を食いつぶしているだけではないか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。