2月下旬、大阪市内の飲食店に、男女6人がひっそりと集まった。住所も年齢もばらばらの6人に共通するのは、レーシック手術の後遺症に苦しめられていることだ。「この目の痛みが一生続くならば、自殺しようと思いました」こう口を開いたのは石川県の大岡竜治さん(33歳)だ。大岡さんは2010年7月、愛知県内の大手クリニックでレーシック手術を受けた。術後、多少の乱視はあったものの、痛みはなかった。だが、6カ月後の検査で突然、再手術を告げられた。1回目の手術で、レーザーが目の中心からずれる偏心照射があり、乱視になっているというのが理由だった。再手術後、目の異変が始まった

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。