抜本的な再編を先送りにしてきた日本の石油化学産業。しかし、中国の景気減退に続いてシェールガス革命が新たな脅威となり、総合化学大手らがついに設備廃止を決断した。さらに高付加価値品への集中、世界で競争する戦略なくして、花咲く春はやって来ない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。