中小・零細企業の信用力を国が補完し、金融機関からの資金調達を助ける「信用保証制度」。経営支援という大義名分の裏で、時に政治家の票集めの道具となり、金融機関の甘い与信管理から、毎年数千億円の損失が発生している。国民の税金でその尻ぬぐいを続ける保証制度の功罪を探る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。