能、狂言、歌舞伎、人形浄瑠璃、落語等々、日本の伝統的な芸能一般において重要とされるのが「間」である。日本の芸能は、間のとり方を体得することを、最も重要な修行目標としている。間の重視は日本文化全般に見られる現象であるが、間を言葉で説明しようとすると非常に難しい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。