今年1月末に閣議決定された2013年度税制改正大綱における金融・証券税制の目玉が、いわゆる「日本版ISA(少額投資非課税口座)」である。従来300万円であった上限額が500万円に拡大された。とはいえ、一時に500万円を投資できるわけではなく、上限100万円ずつの非課税枠が5年にわたって設定できるという仕組みである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。