昨年1月に最高裁判所の判決が出た、保険を使った節税スキーム「逆ハーフタックスプラン」。この聞き慣れないスキームは、保険期間が終了した際に、死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる養老保険を利用した節税スキームのことだ。主に、中小企業の経営者が、会社の資産を経営者個人に移転する目的で加入している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。