スウィングづくりの重要なセオリーとして、インパクトで「左脇を締める」というものがあります。このセオリーを忠実に実践している人も多いのではないでしょうか。ダウンスウィング以降、左脇を締めながらクラブを振り下ろすと、左腕が体から離れず、腕と体の同調性が高くなるため、ボールを体の正面で正確にとらえることができます。パワーロスが少なくなり、エネルギーの伝達効率がよくなるため、飛距離アップも可能です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。