消費税を段階的に10%まで引き上げる法案がいよいよ具体化する。その際に、問題となるのが耐久消費財に対する消費税の取り扱いである。住宅やクルマのような耐久消費財に対して現在の消費税は、購入時点ですべて課税している。これは、大きな攪乱効果をもたらす。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。