日米議員連盟が4年ぶりに復活した。会長には元外相の中曽根弘文(67)が就任した。弘文の父は言わずと知れた元首相、中曽根康弘(94)。昨年、夫人の篤子を亡くしたが、側近によると、「しっかり見送りができた」と、淡々とした心境という。その中曽根康弘は首相時代に米大統領、ロナルド・レーガンとの「ロン・ヤス関係」を築いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。