「厳しい競争が続くが、今年1月1日に船出したジャパンマリンユナイテッド(JMU)は、世界で勝ち残れる造船会社の一つになると確信している」 日立造船の古川実会長兼社長は、“わが子”の旅路にエールを送る。JMUの母体は、旧NKK(現JFEエンジニアリング)の造船部門と日立造船の造船部門が中核であり、今年1月からIHIの造船子会社が加わった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。