株式市場では、○月は株が上がる、下がるといったことが昔からよく言われる。「節分天井彼岸底」(2月上旬に高く9月下旬に安い)などの投資格言にもなっていたりする。これらは、理論的な説明はできないが経験的に当たるとされる現象、「アノマリー」の一種である。本当にそうなのか。伊藤拓之・ニッセイ基礎研究所研究員は、過去30年の実際の日米株式市場のデータを基に1カ月ごとに売買を繰り返すシミュレーションを行い、各月の収益率を比較した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。