いわゆる「アベノミクス効果」に酔って日本株に投資マネーは戻ってきたが、最近では主力株の値動きに鈍りが出始めた。そうした中、デイトレーダーなどセミプロ投資家は、値動きの激しい新興国株や低位株(株価が低い株)を物色する傾向にある。こうした傾向にも、投資銘柄を選ぶ上でちょっとした落とし穴が潜んでいる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。