欧米や国内のプロ投資家である機関投資家は、どうやって購入銘柄を選んでいるのだろう? その方法の一つが、キャッシュフロー指標を使った選別だ。これまで多数の大型買収案件に参画してきた山口揚平・ブルー・マーリン・パートナーズ代表は、「欧米のプロ投資家は損益計算書にある利益の数字より、キャッシュフロー計算書の数字を重視する」と指摘する。実際、株価との相関性は利益よりもキャッシュフローの方が高い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。