注目すべき銘柄は、円安、金融緩和、公共投資といった最近の相場の「テーマ」に絡むものだけではない。それら以外にも、期待ができるセクターや企業はある。例えば、生活必需品やトイレタリー、食品のセクターだ。特にユニ・チャームやピジョンなどは、注目銘柄としてしばしば名前が挙がる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。