アップルからの受注は、うまみより、リスクのほうが大きい──?アップルが昨年11月に発売した、小型のタブレット端末「iPad mini」。手頃な価格とサイズで品薄が続く人気商品となり、さらなる増産体制を整えている。ポイントは軽くて、薄い、フィルム式のタッチスクリーンだ。現在はアップルの特許をベースに、日本写真印刷が手がけているが、安定供給のため新たに別会社にも生産ラインを作ってほしいというのが本音だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。