満を持してトップの座に就く大本命は、いきなり難しい選択を迫られることになりそうだ。りそなホールディングス(HD)の社長に東和浩副社長が4月1日付で昇格する。同時に傘下の主力銀行であるりそな銀行の社長も兼務する予定だ。東氏は、実質国有化後のりそなの改革を牽引し、昨年11月に急逝した細谷英二前会長の信頼が厚かったとされる大本命。財務畑が長く、金融当局との交渉など、公的資金返済の実務面を任されていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。