「営業キャッシュフロー(CF)のマイナスを受けてフリーCFが2500億円を超えるマイナスに」 東芝の久保誠専務は、第3四半期決算会見の席で今回の大きなポイントについて、そう語った。 「資金回収の大部分が第4四半期にかなりシフトしている。期末までに営業CFを正常化させたい」 実は、金繰り悪化の大きな理由は、電力会社が取引先への支払いを先延ばししていることにある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。