昨年12月中旬、大阪市阿倍野区のシャープ本社。アップルから毎月送られてくる出荷目標(フォーキャスト)の数字に、経営陣らは警戒心をあらわにした。大人気のはずの「iPhone5」の見込み台数が、年明けから約3分の1になると記してあったからだ。複数のサプライヤーの証言によると、アップルがiPhone5の出荷目標を大幅に下方修正しているのは事実だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。