民主党の改革創生本部は、衆院選の大敗の要因を「トップによる失敗の連鎖」と厳しく指摘した。しかし総選挙の惨敗は、民主党の歴史的な重大公約違反によることは明らか。こんな的はずれな総括ではとても民主党を離れた支持者は戻ってこない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。