今年度の税制改正で、富裕層をターゲットにした課税が強化される。最高税率が55%になる相続税については、毎年の所得税が差し引かれた後の手取り収入の積み上げに対して課税される。そのため、以前から「二重課税」ではとの批判も多い。世界を見渡せば、先進地域の中でも、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールなどでは、相続税の制度そのものがない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。