昨年12月1日からスタートした2014年卒業予定者の就職活動はどうなっているのか、この2カ月間を振り返ってみる。弊社が12月に実施したアンケート調査(学生対象)では、前年とは打って変わり緩やかなスタートとなった。学生1人当たりの平均エントリー企業数は29.0社と、昨シーズンの32.6社を下回り、就職情報会社が主催する合同企業セミナー、個別企業が主催するセミナー・業界研究会への参加数も同様であった。今シーズンはこの傾向で進行するかと思われたが、1月調査では平均エントリー企業数は55.5社と、昨シーズンの53.6社を上回った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。