三菱重工業が社長交代人事を、2月6日に発表。4月に大宮英明社長から、宮永俊一副社長へバトンが渡される予定だ。この発表を境に、もう一つの企業のトップ人事案が急速に現実味を帯びてきた。その企業というのが、昨年末に話題をさらった三菱重工と日立製作所による、火力発電システム事業の合弁会社だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。