「学ぶ」という言葉の語源は、「真似ぶ」であるとされます。文芸評論家・清水良典さんの『あらゆる小説は模倣である』は「小説は多かれ少なかれ、他の小説を手本にし、影響を受け、技を盗み、足跡を追いかけて書かれるものだ」として、巧みに模倣することで自分のものにしていく創作法を指南します。「真似る=学ぶ」というわけです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。