「私は4年前も今回も、黒人やヒスパニックが約8割という感じの観衆に囲まれて、オバマ大統領の演説を聞いていたんです」と言うと、「そこ」にいなかった米国人は、「えー、そうなんですか?」とかなり驚く。「そこ」とは1月21日のオバマ大統領2期目の就任式のことだ。私がいたのは、就任式が開かれていたワシントンの連邦議会議事堂の前に広がるナショナルモールという公園。就任式を一目見たいという全米から集まった有権者80万人に混じり、極寒の中、立ったまま約6時間を過ごした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。