市場のニーズに応えることはヒット商品作りの基本だが、販売数150万本(1月15日現在)を売り上げている眼鏡チェーンのJINSのパソコン(PC)専用眼鏡「JINS PC」は違う。普段眼鏡をかけない人々に、「目が疲れているから眼鏡をかける」という新しい習慣を、ゼロから植え付けた商品である。きっかけは同社の田中仁社長が、眼科医との立ち話の中で「LEDディスプレーが発するブルーライトが目を疲労させる」と聞いたことだった。もしかすると需要があるかも……。そこから商品作りが始まった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。