組織を活性化し、強くするにはいくつもの手法があることを実感させてくれる著作が相次いでいます。まずご紹介したいのが『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』。本書は、弱小・弱体の超進学校の野球部が、2004年夏の東東京大会でベスト16にまで進んだ理由を探ったノンフィクションで、ビジネス書ではありません。しかし、読み進むと、ビジネスに通じる組織論だとわかります。野球をロジックで考え、エラーは仕方がない、ピッチャーはストライクを取れさえすればよい、その代わり打ちまくる“開成野球”を見いだします。強豪校を打破することだけを目標とし、「弱さにもハリのあるなしがある」を知らしめる。時にロジック倒れになりながらも挑む姿は痛快です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。